小つると仁鶴のき楽寄席

b0086660_0583643.jpgb0086660_058514.jpg
5月8日土曜日、石川県立音楽堂邦楽ホールで「小つると仁鶴のき楽寄席」が行われました。
ワタシもスタッフとして参加しました。
今回、ワタシはお茶子…ならぬ、ホントのお茶当番。ほとんど舞台裏で過ごしました。
白地に亀甲模様、曙色っぽく染め分けられた胴抜きの大島(っぽい紬)に珊瑚色博多献上帯。
帯揚げ、帯締めは新緑を意識してペパーミントグリーンで。足袋も若草模様。
お茶当番なので、水を扱います。一度袖にびしゃーっと水がかかってしまいました。一応タオルで叩いたのですが、家に戻ってみると何ともなかったようで、ひと安心。
次回は割烹着でもいいかな。
[PR]

by mashirokimono | 2010-05-10 01:00 | 着物